平成20年11月28日、早朝。 

酒米を蒸す蒸気が 20年ぶりに蘇りました。

 

昭和63年に休業した酒蔵に、 再び活気を取り戻したい。 

決意してから13年。

 

清酒離れが進むなか、 自分の目指す酒とは? 

販売先はどうするのか・・・ 

何度も自問自答しながらも、 多くの方々に支えられて、

ここまでたどり着く事ができました。

 

造りを再開した平成20年は 

蔵の新たな歴史の始まり(Begin)です。 

家族中心で造る小さな蔵ではありますが

毎年造りを重ねてより良いお酒を造れるよう

精進していきたいと思っています。

 

小松酒造場 6代目

杜氏 小松潤平